「トルソワ、凄い!」羽生結弦も舌を巻くロシア女子の技術と圧倒的選手層

「トルソワ、凄い!」羽生結弦も舌を巻くロシア女子の技術と圧倒的選手層

 フィギュアスケート・グランプリシリーズ 第6戦(NHK杯)は、リンク外にも注目が集まっていた。前大会のカナダ杯で羽生結弦が放った“ひと言”に、世界中のメディアが関心を寄せていたからだ。

「初日、羽生のショートプログラムの演技が始まると、他選手付のコーチ、会場関係者までが手を休め、見入っています。他選手も同様で、羽生の演技を見て勉強していました」(体育協会詰め記者)

 しかし、羽生の演技にウットリしてしまうのは、いつもの光景。これまでにもあったことだ。今回、世界中のメディアが注目しているのは、ロシア勢、それも女子選手との接点だ。カナダ大会後、羽生は「トルソワ、すごい!」と発言し、それが大きく取り上げられていた。

「羽生は海外メディアの前でも、ロシアのアレクサンドラ・トルソワの演技を絶賛していました。言うまでもなく、女子で4回転を連発するトルソワの才能はすでに世界中が認めていますが、羽生が『スゴイ』と発言したことでさらに注目度が高まっています」(同前)

 それだけではない。トルソワ以外の10代のロシア女子選手たちが、カナダ大会以降、公開練習中の合間を縫って羽生のもとに行き、挨拶をしている。羽生も妹のような年齢の彼女たちと楽しそうに談笑し、記念撮影のリクエストにも応じている。

 海外メディアはそんなショットを逃すまいとし、リンク外にもカメラを向けていたのだ。

「羽生はロシアメディアの単独取材に応じ、トルソワたちのことについてコメントしていました。同じくシニアデビューしたばかりのシェルバコワ、コストルナヤの名前を挙げ、さらに、ジュニアクラスの14歳カニシェワや、13歳のワリエワらの才能についても語っています」(特派記者)

 NHK杯では目立ったコンタクトはなかったが、羽生はロシア女子勢のお手本となっており、見方を変えれば、羽生がロシア勢の台頭に心底驚いているということにもなる。

 女子フィギュアは「4回転時代」に突入したと言われるが、羽生とロシア勢の接近は、双方にとって起爆剤となりそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「羽生結弦 + 優勝」のおすすめ記事

「羽生結弦 + 優勝」のおすすめ記事をもっと見る

「羽生結弦 + 4回転」のおすすめ記事

「羽生結弦 + 4回転」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「安藤美姫」のニュース

次に読みたい関連記事「安藤美姫」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 羽生結弦 4回転
  2. 羽生結弦 GPシリーズ
  3. 羽生結弦 twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。