原巨人「FA交渉全敗」の全内幕(1)スタッフの裏切りに監督が激高

原巨人「FA交渉全敗」の全内幕(1)スタッフの裏切りに監督が激高

 過去、FA補強で負け知らずだった盟主・巨人が意中の選手たちから連続でフラれ、苦汁を飲まされた。みずから交渉に出馬した若大将は赤っ恥をかかされたが、その背景には球団内のゴタゴタが見え隠れしている。

 11月15日、楽天の美馬学(33)がFA権を行使してのロッテ入りを発表した。

 美馬を巡っては、ロッテ、ヤクルト、巨人の3球団が獲得に名乗りを上げた。中でも、巨人の美馬への入れ込みようは、例年にも増してハンパなかったという。巨人球団関係者は話す。

「わざわざ4回も移籍交渉を行ったんです。しかも、4回目には原監督が直々に交渉に出向いている。しかしながら先発投手が不足しているチーム事情があるにせよ、そこまで獲得に必死になる選手なのか、疑問の声が上がっていました。中には『どうせ、野上亮磨(32)の二の舞だよ』なんて揶揄する声もあるぐらいでしたから」

 毎年2ケタ勝利を見込めるエース級の派手さこそないが、美馬は投球回数140回を超えるシーズンが4度と、先発完投型の投手が絶滅危惧種と言われる中で貴重な「イニングイーター」としての地位を確立している。とはいえ、スターとは言い難いBランクの選手である。なぜ監督みずから交渉のテーブルについたのか。球界関係者が解説する。

「山口俊(32)のポスティングの影響でしょう。山口は、エース・菅野智之(30)が不調の中、リーグ最多の15勝を挙げ、今季リーグ優勝の立役者と言ってもいい。『調整のため』という口実で一足先にプレミア12の台湾でのオープニングラウンドから帰国しましたが、実は、ポスティングの慰留交渉のためだったようです。球団幹部も意図していないメジャー移籍を容認する契約の文言があったために、山口のメジャー行きを阻止できなかった。とにかく球団は先発の穴を埋めるために、美馬の獲得に躍起になっていました」


あわせて読みたい

アサ芸Bizの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月30日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。