朝ドラ「エール」最終回に“森七菜がいない”のはナゼ!?

朝ドラ「エール」最終回に“森七菜がいない”のはナゼ!?

 NHK連続テレビ小説「エール」が11月27日、最終回を迎えた。

「物語の本編は前日26日に終了しましたが、番組の最後で主人公・古山裕一を演じた窪田正孝と妻・音を演じた二階堂ふみが、翌日の最終回に、人気キャラクター総出演の特別編をNHKホールから届けることを発表していました。何しろ歌の上手い役者が多かったですからね。この日の放送を楽しみにする視聴者も多かったようです」(テレビ誌ライター)

 “特別編”では、出演陣が裕一のモデルとなった作曲家・古関裕而が手掛けた楽曲を歌う“歌謡ショー”が展開され、“ミュージックティーチャー”御手洗清太郎役の古川雄大は「福島行進曲」を、佐藤久志を演じた山崎育三郎は村野鉄男役に扮した中村蒼のギター伴奏で「船頭可愛や」を熱唱。

 さらに、音の母・関内光子役の薬師丸ひろ子は「高原列車は行く」を、裕一らの恩師・藤堂清晴役の森山直太朗は「栄冠は君に輝く」を途中からは山崎とのデュエットで歌い上げ、最後は二階堂が「長崎の鐘」を窪田の指揮で歌い、やがて出演者が舞台に勢揃いすると、窪田とともに司会を務めていた音の姉・関内吟役の松井玲奈と裕一の弟・浩二役の佐久本宝も加わって、フィナーレを飾った。

 朝ドラとしては異例の最終回に、ネットでは「素晴らしい歌番組を見た。15分じゃもったいない!」「やっぱり生演奏の歌謡ショーはいいね!」「古関裕而さんが数多くの素晴らしい楽曲を手掛けたことが改めてわかった」「みんな歌上手すぎ!」といった賞賛の声が上がる一方、「関内家の三女・梅ちゃん(森七菜)がいないのはなぜだ」「森七菜ちゃん出てなくて寂しい」「七菜ちゃんもCD出してるのにね…」「古山家の弟と関家の姉は司会してたのに、関家の妹がいないのは違和感」「そういや梅ちゃんは小説家として成功したのかな?実家の革製品屋さんどうなったの?」と、森七菜が出演していないことをいぶかる声も上がっていた。


当時の記事を読む

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「朝ドラ」に関する記事

「朝ドラ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「朝ドラ」の記事

次に読みたい「朝ドラ」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 朝ドラ まんぷく

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。