赤ちゃんと過ごす冬の安全な防寒対策は……?

赤ちゃんと過ごす冬の安全な防寒対策は……?

 寒さが本格化してくると、赤ちゃんの防寒対策が気になるママも多いと思います。赤ちゃんがいる生活では、これまで当たり前のように使っていた暖房器具が危険になることも。今一度、取り組む予定の防寒対策について確認しておくことをオススメします。

冬はママの防寒対策も徹底すべし

 赤ちゃんにとって快適な室温は、冬場でも20~23℃程度といわれています。赤ちゃんの服装や体調によっても適温は前後しますが、赤ちゃんにとって快適な室温が大人にとっては肌寒いということも少なくありません。室温を上げ過ぎないようにしつつ、赤ちゃんと一緒に過ごす大人が風邪をひかないよう、ママも重ね着をしたりガウンを羽織ったりして、体を冷やさない工夫をしましょう。

冬場でも赤ちゃんの発汗対策は必要

 赤ちゃんは大人よりも体温が高いため、厚着をすると汗をたくさんかいたり、服内が蒸れて汗疹ができたりすることがあります。汗をかくことで体が冷え、体調を崩す原因にもなりかねませんから、服装や室温が暑過ぎないか小まめにチェックしましょう。

 とくに、寝ている間は要注意。暑くても赤ちゃんがぐっすり眠っていると長時間放置してしまい、気付いたときには汗びっしょりということも。赤ちゃんの体質によっても室内の快適な室温は変わりますから、赤ちゃんの様子を見ながら掛け布団の種類や量の調節をしましょう。

暖房器具選びがママの安心を左右する

 興味のままに何でも触ってしまう赤ちゃんにとって、室内の暖房器具は危険がいっぱい。温風が出るものや触れると火傷の恐れがあるもの、倒れると危険なものなどを赤ちゃんが過ごす空間に置く場合は、赤ちゃんが手を伸ばせないようにサークルで囲うなどの工夫が必要になります。万が一のことを考えると対策を練っていても目を離せませんから、チャイルドロックの付いているものや触れても危険のないものを選ぶとよいでしょう。

温度だけでなく湿度も徹底管理

 冬は湿度の低下にも注意が必要です。湿度が低いと感染症にかかりやすくなったり、皮膚トラブルを起こしやすくなったりします。エアコンのように室温を上げると空気が乾燥しやすい暖房器具を使用する場合は、同時に室内を加湿することも忘れずに行ってください。

 これらのためにも、室内に温度・湿度計を置くと確認しやすいです。ぜひ、ママも赤ちゃんも、お互いに安心して快適に過ごせるように調節してくださいね。

当時の記事を読む

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月4日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。