菅首相参加「会食」の中身をみのもんたがぶっちゃけ!

菅首相参加「会食」の中身をみのもんたがぶっちゃけ!
拡大する(全1枚)

 12月14日、28日からのGoToトラベル全国一斉停止を発表した菅義偉首相。直後に自民党の二階俊博幹事長らと“大人数”で会食していたことが明らかになり、批判を浴びるハメになったことは記憶に新しい。

 会食には林幹雄自民党幹事長代理や 元宿仁自民党事務総長といった政界の人物だけではなく、プロ野球・王貞治ソフトバンク球団会長や俳優の杉良太郎といった人物も含まれていたため、「何のための会食なのか」「ただの忘年会では?」といった疑問が噴出した。

 同じく会食に参加していたフリーアナウンサーでタレントのみのもんたが23日、「東京スポーツ」にて会食の中身を証言している。

 記事によると、みのは「最後の最後に菅さんと会食したって批判されるわ…」とこぼしながらも「1年の“締め”の相手が総理大臣ってのは文句ないかな」と、軽口も絶好調の様子。

 みのは会食に出席したいきさつについて「二階幹事長と古くから付き合いがある人で食事しましょう」という趣旨だったことを明かし、菅首相主催ではなかったことを強調。首相は同日、公務を終えて帰るだけだったため、「じゃあ食事しますか」と二階幹事長から誘われたのだと説明した。

 みのは続けて、会食の様子について「ちゃんと席の間に距離を取って」と、密の状態にはなかったことを明かし、会話の内容については「政治や社会について話すわけじゃなく」とし、首相との会話ではみのの本名である御法川(みのりかわ)という名字について話したり、王氏からは野球の話があったことを述べている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク