「ブース!ブース!」坂上忍の“女性蔑視”着ボイスが配信停止されていた

「ブース!ブース!」坂上忍の“女性蔑視”着ボイスが配信停止されていた
拡大する(全1枚)

 フジテレビ系「バイキングMORE」で司会を務める坂上忍による過去の“超過激発言”が、着ボイスとして同局のコンテンツストアで販売されていたようだ。

 坂上は、“ぶっちゃけ系”のバラエティタレントとして自らを売り始めた頃の2012年、「笑っていいとも!」内で「仕事とブスが大嫌い」との過激発言でスタジオを盛り上げると、その後はトーク番組でプチブレイク。

 歯に衣着せぬコメントで賛否を集めながら知名度を高め、同局「アウト×デラックス」では「女は顔だ!」「ブスは家から出るな」とも言い放ち、その毒舌芸に磨きがかかっていた。

「そんな坂上の過去の過激発言に便乗し、音声コンテンツとして販売していたのがフジテレビでした。2月17日配信の『JCASTニュース』記事によれば、フジテレビは同日になって突然、『ブスは嫌い! ブスからの電話は取りませ~ん』『ブース!ブース!ブース!』『好きなタイプは美人! 嫌いなタイプはブス…』などの種類があった坂上発言の着ボイスを販売停止。同メディアがそのワケをフジテレビに問い合わせたところ、同局企業広報室からは『ご指摘の着ボイスには不適切な内容が含まれていたため、配信を停止しました』との返答があったといいます」(芸能記者)

 同コンテンツの内容が不適切だったのはもちろんのこと、坂上は「バイキング」の中で、女性蔑視発言で世界中から非難を浴びた前東京五輪組織委員長の森喜朗氏について、「呆れるしかない」などと批判していた。よって、この時期になってフジテレビが「ブスは嫌い」などのコンテンツを販売停止したのは、女性の容姿や特徴などを揶揄することに対する世間からの風当たりが強くなってきたから、というのが正直なところだろう。


当時の記事を読む

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。