フジモン、木下優樹菜「3億円訴訟」で“離婚キャラ”ついに卒業か

フジモン、木下優樹菜「3億円訴訟」で“離婚キャラ”ついに卒業か
拡大する(全1枚)

 元タレントでインフルエンサーの木下優樹菜に対し、美容用フェイスマスクの化粧品会社などが約3億円の損害賠償を求める訴訟を起こしたことが、5月27日にわかった。

 きっかけは、やはり2019年10月、木下が実姉の勤務するタピオカ店に恫喝めいたメッセージを送ったトラブルだという。木下はインスタグラムを介して送信した「事務所総出でやります」といった荒々しいメッセージの内容が、日に日に大きな波紋を集める中、翌11月に芸能活動の自粛を発表。2020年7月には一度、活動再開を表明するも、わずか5日後に芸能界からの引退に至っていた。

 木下の芸能人生はすでに幕を下ろした格好だが、彼女を広告塔に起用していた化粧品会社・ロハス製薬と、同社を傘下に持ち、メディア事業を展開するアイア株式会社は、一連のタピオカ騒動によってブランドイメージが毀損されたとして、提訴。木下、そして当時の所属事務所であるプラチナムプロダクション、そして木下の広告起用を仲介した広告会社「Birdman」ら、3者を相手取り、およそ3億円の損害賠償を支払うよう求めている。プラチナムプロダクションは「訴状は届いております。今後は弁護士と協議の上、適切に対応していきます」とし、提訴されていることを認めた。

「現在、木下はタピオカ店の店長からも、売り上げに大きな損害が発生したとして民事訴訟を起こされ、損害賠償を求められている身です。今回の提訴による、およそ3億円もの賠償金は、木下さんだけでなく、かつての事務所と広告会社に対して請求されたものですが、個人が負担する金額としては非常に大きな規模になります。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

木下優樹菜のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「木下優樹菜」に関する記事

「木下優樹菜」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「木下優樹菜」の記事

次に読みたい「木下優樹菜」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク