加藤浩次が「芸人組合」設立?過去にもあった芸能人の労働組合構想とは

加藤浩次が「芸人組合」設立?過去にもあった芸能人の労働組合構想とは
拡大する(全1枚)

 お笑いコンビ極楽とんぼ加藤浩次が、芸人の権利向上を目的にした「芸人組合」の創設に向けて動き出していると6月15日、ニュースサイト「東スポWeb」が報じた。

 同記事によると、加藤は3月末をもって吉本興業とのエージェント契約が終了。4月には個人事務所82styleを設立した。売り上げの全てが入ってくるようになったため、経費を差し引いても収入はアップしたと言われているという。

 そんな加藤が今、熱心に取り組んでいるのが芸人に寄り添った「労働組合」の創設だという。これは「芸人の芸人による芸人のための組合」でギャラや様々な条件の交渉だけでなく、金銭的に困っている芸人には一時金の貸し出し、仕事のあっせんも視野に入れ、芸人にとってうれしい組織を目指しているという。

「芸人組合」創設に向けて動き出した背景にはとんねるず石橋貴明の賛同が得られたことも大きいという。組合が実現したあかつきには委員長は加藤、名誉会長に石橋が就任するとも言われている。組合が立ち上がれば加入希望芸人が殺到、一大勢力になる可能性もあるとか。

 ネットでは《いいと思います!!》《貴さんは昔からそういう若手の事務所みたいなの語っていたけど、加藤が叶えてくれるとは》といった期待の声もあったが、《難しいね。テレビ局なんてギャラが安い=使いやすい、ってとこあるし、よっぽど売れっ子じゃないと干されそう》《組合員になる芸人側からしたら、ヨイショする相手が貴&加藤になるだけで、今までと何が違うのって気がするね》と否定的な声も多かった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

加藤浩次のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「加藤浩次」に関する記事

「加藤浩次」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「加藤浩次」の記事

次に読みたい「加藤浩次」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク