爆笑問題・太田光が小山田圭吾の“イジメ告白”問題を糾弾しないワケ

爆笑問題・太田光が小山田圭吾の“イジメ告白”問題を糾弾しないワケ
拡大する(全1枚)

 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が7月18日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演し、過去の“イジメ告白”で批判を集めたミュージシャン・小山田圭吾について言及した。

 小山田は東京五輪の開閉会式制作メンバーに作曲家として名を連ねるも、およそ26年前にサブカル誌のインタビューで、学生時代に障害を持つ男子をいじめていたことを告白。悪びれる様子もなく、記事には「(笑)」の記載もあったことから、大きな波紋を呼んでいた。

 太田は渦中の小山田について、イジメ行為は絶対にあってはならないものとしつつ、「当時の雑誌が、それを掲載して、これを許容して、校閲通っている。(当時の)サブカルチャーにそういう局面があったということ。その時代の価値観と今の時代の価値観がある。その時代の価値観を知りながら評価しないとなかなか難しい」とコメント。1995年当時のサブカルチャー文化と現在の価値観との違いを考慮する必要があると述べた。

 また、小山田バッシングが巻き起こっている点についても「すごく、吊るし上げのような、彼が(五輪から)退場するまで続けるのか。それはまた(イジメの)連鎖になってしまうのではないか」とし、現在は逆に小山田が“被害者”になっていると警鐘を鳴らした。

 なお、小山田はこうした事態を受け、7月16日に「多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。加えて、イジメをしてしまった当事者には可能であれば直接謝罪をする意向であることも報告した。しかし、それでも批判の声は止まず、ついに7月19日、五輪開会式作曲担当を辞任した。


あわせて読みたい

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「爆笑問題」に関する記事

「爆笑問題」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「爆笑問題」の記事

次に読みたい「爆笑問題」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク