“推し”がいるとリアルな恋愛はうまくいかない!?

“推し”がいるとリアルな恋愛はうまくいかない!?
拡大する(全1枚)

 自分が好きな男性タレントを“推し”と表現し、少々オタク的にハマる女性が増えています。それを周囲も受け入れてくれる……。そうした現象が一般的になっていますよね。

 では、推しがいる女性の恋愛は? 推しとは別に、ごく普通に恋愛をして男性といい関係を築くことができるのでしょうか? 個人差はありますが、実は推しがいる人のほうが恋愛をしにくいです。

 それはなぜかを説明するためには、その前に推しと恋人との違いを伝えする必要があると思います。まずはそれをみていきましょう。

推し=各上の人間、恋人=同等の人間という認識がある

 推しのいる女性は、アイドルやタレントなど“憧れの世界”で生きている推しを、自分より各上の人間と位置付けます。一方、現実世界で恋をする相手は同等の人間。女性にとっての相手の位置付けが明確に違うため、相手に対して求めることも変わってきます。

 推しはかっこよくて活躍もしていて、ときどきファンサービスをしてくれれば狂喜乱舞。しかし、恋人には自分に声をかけて欲しいし、LINEもたくさん欲しいし、プレゼントも欲しい。対象として、まったく別モノなのです。

推しにはお金を使うが、恋人にはお金を使って欲しい

 推しは、女性にとって神様のような存在。よって、お金を貢ぐのが当たり前です。しかし、恋人は逆。もちろん、ときには自分からプレゼントもあげたいわけですが、基本的には自分にお金を使って欲しいし、プレゼントをして欲しいのです。それが、女性にとってのリアルな男性像といえます。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「恋愛」に関する記事

「恋愛」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「恋愛」の記事

次に読みたい「恋愛」の記事をもっと見る

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク