生命保険解約も?徳光和夫がどっぷりハマり込んだ“競馬沼”

生命保険解約も?徳光和夫がどっぷりハマり込んだ“競馬沼”
拡大する(全1枚)

 8月17日発売の週刊誌「女性自身」が、フリーアナウンサー・徳光和夫の“ギャンブル熱の加速”について報じた。

 記事によると徳光は8月10日に放送された「徹子の部屋」(テレビ朝日系)でギャンブルの資金繰りために定期預金の解約を3回、さらに現在は自身の生命保険の解約を試みていると告白し、司会の黒柳徹子も心配していたという。

 もともとギャンブル好きで有名な徳光だが、ここまで加速したのはコロナ禍が影響しているという。仕事が減って時間ができたため、マネージャーからオンラインでの馬券購入を教わり、地方競馬の馬券も買いやすくなったため楽しみが増えたというのだ。以前よりもさらに“競馬沼”にハマり、浪費が加速しているという。

 これまでの負けの総額は、15年に息子の徳光正行が「有吉ゼミ」(日本テレビ系)で証言した内容によると「12~13億円」にのぼるというから驚きだ。

 さらに徳光は「徹子の部屋」で、55年連れ添ってきた妻が初期の認知症であることも告白。ギャンブルにハマっている場合ではないとも思われるが、同記事では心理カウンセラーの分析として「男性にとって妻の初期の認知症は大きなショックとなりえること」から「不安や恐怖から逃げ場所を探すために大好きなギャンブルの世界にさらにのめり込むようになったのでは」としている。さらに依存症治療を専門とする医師の証言としてギャンブル依存症を疑う声も紹介された。

 ネットでは《生命保険も解約って‥‥すごいね》《ギャンブル依存でしょう》《「路線バスで寄り道の旅」の番組見てても依存症なのは感じるよ。当初予定を立てていた行き先に間に合わなかろうが競馬、競輪、競艇場でだいぶ時間を取る回を何回も見てる》など徳光のギャンブル依存症疑惑に納得の声が多数あがっている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

徳光和夫のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「徳光和夫」に関する記事

「徳光和夫」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「徳光和夫」の記事

次に読みたい「徳光和夫」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク