長嶋一茂の「何様な言動」のターゲットにされた被害者たち

長嶋一茂の「何様な言動」のターゲットにされた被害者たち
拡大する(全1枚)

 タレントの長嶋一茂テレビ朝日山本雪乃アナウンサーに対するパワハラ発言で大きな批判にさらされている。

 騒動の発端は、8月20日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日系)にて、長嶋が発言している最中に突如“カットイン”した山本アナのコメントだった。

 番組では、東京五輪陸上男子110障害で金メダルに輝いたジャマイカのハンスル・パーチメント選手に対する大会スタッフの咄嗟の振る舞いを紹介した。女性スタッフは危うく競技に遅刻しかけていたパーチメント選手に自腹でタクシー代を貸したことで、無事に遅刻を回避させ、同選手は見事金メダルを獲得。再び女性スタッフの元へ戻り、感謝の気持ちを示すと、タクシー代を返金するという出来事があったのだ。

 この心温まるエピソードに対し、長嶋は「彼女とパーチメント選手が出会わなかったら、金を獲ってなかったと思う」「でも、ほかのボランティアも同じようなことを、僕は日本人だったらしてたというふうに思ってます」などと絶賛していたところ、突然山本アナが長嶋のコメントに被せながら「まさに私、オリンピックの取材に行ってるんですけど、びっくりするくらいのおもてなしなんですよ」とカットイン。

 自身の発言する時間を奪われた格好の長嶋は「今、山本、俺がしゃべっていたんで、入ってきてほしくなかったんだけど」と不機嫌そうに述べ、山本アナはこれに「それはごめんなさい。すみませんでした。ごめんなさい」と神妙な表情で謝罪。しかし、長嶋の機嫌は直らず、「そのカットインはいいんだけど、でも、ごめん。もうしゃべることないわ」とコメントを続けることはなかった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

長嶋一茂のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「長嶋一茂」に関する記事

「長嶋一茂」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「長嶋一茂」の記事

次に読みたい「長嶋一茂」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク