つるの剛士の「大腸がん検診エピソード」であのユニットを思い出す人が続出!

つるの剛士の「大腸がん検診エピソード」であのユニットを思い出す人が続出!
拡大する(全1枚)

 タレントのつるの剛士が9月13日、東京都のがん検診PRイベント「がん検診アラート 2021」に登壇。検診での恥ずかしい思い出を語った。

 コロナ禍の影響もあってがん検診の受診率は20年(1~12月)で前年比30.5%と大幅減。つるのは東京都がん検診受診促進アンバサダーを務めており、定期的ながん検診を訴えた。

 つるのは自身の検診にまつわるエピソードも披露。3年前に妻から大腸がん検査を促されて病院に行ったところ、担当医が妻とすごく仲のいい“ママ友”だったという。つるのはその時のことを「すごく恥ずかしかったです。『最初に言って!』と思いましたね。妻にもはっきり見られたことないようなところなので」と苦笑いしつつも、しっかり検診され、秘部を見られたことを明かしていた。

 ネットでは《相手は仕事だけど、やられるほうはやっぱり恥ずかしいよね》《羞恥心レベルかなり高いよね。逃げ出したくなるくらいの恥ずかしさ》といった声も多かったが、《そういえば、“羞恥心”ってあったね。ほかに“悲愴感”というのもあったよね。ちょっと懐かしい》《かつて“羞恥心”のリーダーだった男が、時を経て辱めを受けるとは壮大な伏線だな》などの声も見られた。

「“羞恥心”は08年にリーダーのつるのと俳優の野久保直樹上地雄輔の3人で成されたユニット。もともとは『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)内の企画で“羞恥心”というユニット名も番組内で上地が“しゅうちしん”ではなく“さじしん”と読み間違えたことが由来。活動期間は実質1年ほどでしたが、デビューシングル『羞恥心』がヒットし、その年のNHK紅白歌合戦にも出場しました。恥ずかしいエピソードだっただけに“羞恥心”という言葉を思い出した人が多かったようですね」(芸能記者)

 検診を受けている間、デビューシングル「羞恥心」のメロディと歌詞が、つるのの頭には浮かんでいたのかもしれない?

(柏原廉)

当時の記事を読む

つるの剛士のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「つるの剛士」に関する記事

「つるの剛士」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「つるの剛士」の記事

次に読みたい「つるの剛士」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク