若き名バイプレーヤー・青木崇高、“優香特需”で新婚生活どころじゃなくなる?
拡大する(全1枚)

 女優でタレントの優香と俳優の青木崇高が結婚すると、双方の所属事務所が13日、マスコミ各社にファクスで発表した。2人はすでに同居しており、婚姻届の提出日は「良き日を選んで」とのことで、挙式、披露宴は未定だ。

 この発表で、がぜん注目を集めているのが青木だ。現在、今期視聴率ナンバーワンの松本潤主演ドラマ「99.9─刑事専門弁護士─」(TBS系)や「トットてれび」(NHK)に出演。7月3日放送予定の米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~スペシャル」(テレビ朝日系)にも出演する。

「青木は、NHKの朝ドラ『ちりとてちん』でヒロインの夫を演じて、全国区の顔となりました。その後も大河ドラマ『龍馬伝』や『平清盛』や民放各局のドラマに出演。き名バイプレーヤーとして着実にキャリアを積み上げてきた。今回、優香と結婚することで知名度も上がればキャスティングも増え、役の幅も広がるのではないでしょうか。今後の活躍が楽しみです」(芸能ジャーナリスト)

 今回の結婚を機に青木に“優香特需”が来れば、新婚生活どころではなくなるかもしれない。