「神田沙也加さんへの誹謗中傷報道」でジャニタレ共演女優たちに心配の声
拡大する(全1枚)

 12月18日に急死した神田沙也加さんを巡って、一部のジャニーズファンの言動が物議を醸している。

「神田さんといえば19年、元ジャニーズJr.内ユニット『MADE』の秋山大河との交際が一部で報じられました。その後、秋山はジャニーズ事務所を退所し、グループも解散することに。この件について12月20日の『東スポWeb』によると、当時、神田さんとの熱愛報道があったことで秋山が退所したのではないかという憶測が一部で飛び交ったのだとか。その影響か、神田さんのSNSには毎日のように罵詈雑言のDMが送られてくるようになったそう。その際、彼女は周囲にあまり相談できずにいたとのことです」(芸能記者)

 また、熱狂的なジャニーズファンといえば、神田さんの訃報ニュースが流れた夜の出来事もネットで話題に。その日は、ジャニーズグループ・SixTONESのラジオ番組が、ツイッターのトレンド入りを狙う企画を実施していた。だがトレンドには神田さんの訃報に関するワードが並んだことで、一部のファンたちが「神田さんに抜かされた」「邪魔してる」などと不謹慎なツイートを投稿したのである。

 そんな一部の過激な書き込みがネットで話題になると、ある女優たちに対しても心配の声があがったという。

「一部の過激なジャニーズファンは、ドラマで共演した女優に対して辛辣な意見を浴びせるということが珍しくありません。最近では、SixTONES・松村北斗と映画で共演し、仲睦まじいオフショットなども話題となった森七菜や、ジャニタレとの共演が増えている上白石萌音など。ネットでは今回の神田さんの件もあり、『ジャニーズと共演する女優さんたちも心配』『誹謗中傷は規制すべき』との声があがっています」(前出・芸能記者)

 現段階で神田さんが亡くなった理由はハッキリしていないものの、多くの人が誹謗中傷の問題について深く考えるきっかけとなったようだ。