ダイアモンド☆ユカイ、空港でのトラブルを謝罪…ネットからは呆れ声
拡大する(全1枚)

 歌手・ダイアモンド☆ユカイが1月9日に自身の公式ブログ「ユカイなサムシング」を更新し、空港でのトラブルに関する騒動を謝罪した。

 ユカイは1月7日、ツイッターに「伊丹空港で子どもの面倒を見ていて10分前搭乗時刻を少し遅れてしまい大慌て」と書き出すと、「CAが急いでいるのはわかるが早くしろとまくし立てる。こっちも頑張って急いでいるんだよ」「挙句は俺の券を奪い取るようにやり出した。ちょっとやり過ぎだろ!」とキャビンアテンダントからの対応に不快感を露わにしていた。最後は「まあ兎も角子供達もいるしグッと堪える。搭乗には気をつけよう!」と冷静に綴ったが、これに対し、世間からは批判が殺到。また、昨年より別居状態が続く妻からも「遅れたあなたが悪いんです。反省しなさい。世間様にご迷惑をお掛けする事無いように生きて下さい。お願い致します」との連絡があったと明かし、ユカイは「はい。遅れてすみませんでした。以後、気を付けます」と返したという。

 だが、炎上が収まることはなく、9日になって改めてブログに謝罪の言葉を掲載。「お詫び」と題したエントリーにて、「皆様へ この度は、いつも大変お世話になっております航空会社様、私をサポートして下さいました航空会社のスタッフ様にも私の身勝手な発言により、多大なるご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。また、私の発言をご覧になられた皆様にも大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。私の身勝手な行動は、子を持つ親である前に人として間違っておりました。この積み重ねが、今の人生に反映されているのだと思います。芸能界で生きる人間として、いつも皆様には、とても親切にして頂き感謝しておりました。しかし、どこか驕りや甘えがあったのかもしれません。もうすぐ還暦を迎える私ですが、もう一度、初心に戻り、猛省しながら真摯に生きて参ります。繰り返しとなりますが、皆様に多大なるご迷惑をお掛けした事を、謹んでお詫び申し上げます」と綴った。