嵐・松本潤主演ドラマの評判が…視聴率ダウンの危機

嵐・松本潤主演ドラマの評判が…視聴率ダウンの危機
拡大する(全1枚)

 松本潤主演ドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)の平均所帯視聴率が1月21日、発表された。1月20日にスタート、15分拡大で11.5%、個人視聴率は6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

テレ朝金看板の木曜9時枠。前クールの10月期は米倉涼子のドル箱シリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』を放送。初回19.0%、最終回17.7%の高視聴率を記録しました。本作は『家政婦のミタ』で社会現象をまき起こした遊川和彦氏が脚本・演出を担当し、テレ朝連ドラ初主演の松本と初タッグを組むなど話題性抜群。局の宣伝にも抜かりはなく、最低でも15%は固いと思われていましたが、思いのほか伸び悩んでしまったのです」(女性誌記者)

 何をしても中途半端な主人公・チカラ(松本)が、同じマンションに住む隣人の問題に、出来もしないのに首を突っ込んではひっかきまわし、騒動をまき起こすという社会派ホームドラマ。初回は隣の家庭の児童虐待疑惑に深入りしたあげく右往左往する大混乱に。

「初回放送中からネットは大荒れでした。視聴中だけにストレートな感想が次々アップされ、そのどれもが国民的アイドル、嵐の松本潤主演のドラマとは思えない塩反応ばかりだったんです。豪華すぎる役者陣に興味を引かれて見たものの、松本のキャラクターがウザすぎてやばい、話の展開がつまらない、ありえないシチュエーションに面食らってツッコミを入れるなどのコメントばかり。遊川氏ならではの独特なキャラ設定は陳腐と切り捨てられ、ガミガミ妻(上戸彩)の尻に敷かれる気弱で優柔不断な子持ち夫役の松本に拒否反応が集まる結果となりました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク