「真犯人フラグ」“どっち刑事”の評価が一変!「あんなにウザかったのに…」
拡大する(全1枚)

「放送中のドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)で渋川清彦演じる横浜北警察署の阿久津浩二刑事を好き? 嫌い? どっち?」と視聴者に質問したら、ほとんどの視聴者が「好き」と答えるのではないだろうか。

 あと2話で終わるという今になって、ネット上では阿久津刑事を「好きになった」とする声が増加しているようだ。

 ドラマがスタートした頃は、「二択ばっかり言ってるおやじ刑事にイラつく」「毎回ぶっきらぼうに『知ってる? 知らない? どっち?』とかって二択を迫る刑事がウザすぎる」「あの横浜北署の“どっち刑事”を黙らせてほしい」などとさんざんな言われ方だったが、今となっては「阿久津刑事と後輩の落合刑事(吉田健悟)が出てくるシーンを待つようになった」「どっち刑事と後輩刑事だけは絶対に犯人じゃないと思えるから安心感できる」「あんなにウザかったどっち刑事の二択セリフが今じゃ快感」「どっち刑事ってよく見ると渋くてかっこいい」など、好意的な声があがっているのだ。

「人気上昇のきっかけになったのは、おそらく2月13日放送の第16話でしょう。陽香(生駒里奈)が献花用スタンドを振り回しながら、逮捕を免れようと抵抗していたのに対して、渋川演じる阿久津刑事は『マトリックス』でキアヌ・リーヴスが演じたネオのように身体を大きく逸らして身を守るという、ちょっと笑えるアクションシーンを好演。『阿久津マトリックス!』『ネオ・コージー爆誕』『このシーンは一服の清涼剤』『大爆笑』など称賛の声が続出しましたからね」(女性誌記者)

 実は「KEE」という芸名で、村上淳や井浦新らと同時期に「MEN’S NON-NO」などでモデルをしていた渋川。ネットで当時のKEEを探してみたい? みたくない? どっち?