米倉涼子と和田アキ子、公称なら6センチ差のはずが…身長サバ読みはどっち?
拡大する(全1枚)

 女優の米倉涼子と歌手の和田アキ子が3月8日、東京・銀座で行われた「『BVLGARI AVRORA AWARDS 2022』国際女性デー 発表記者会見」に出席。国際女性デーということで、輝く女性についてトークを繰り広げた。この時の2人の並びショットが報じられると、一部ファンの間である疑惑が持ち上がった。

 それは身長サバ読み疑惑。身長174センチの和田と、168センチの米倉がほぼ同じ身長に見えるため、どちらかが身長をサバ読みしているのではないかというのである。

「2人の身長差は6センチ。本来ならはっきりと差が出てよさそうなものですが、ほぼ同じに見えます。米倉のインスタグラムで3月9日に公開された写真でも同じ高さに見えます。米倉がヒールの高い靴を履いている可能性も指摘されていますが、履いているのはサンダルのようなものでヒールは高くない様子。同じぐらいの身長としか思えません」(週刊誌記者)

 そんな2人、どちらも過去には身長逆サバ疑惑が持ち上がったことがある。和田は身長が180センチ近くあるのではないかと言われたことがあり、米倉も本当は170センチ以上あるのではと指摘されたのだ。

「どちらも逆サバを読んでいるということであれば差が出るはずなんですが、出ないということは米倉が実際はもっと背が高いということではないでしょうか。女優が身長の逆サバを読むことは昔からよくありましたからね」(前出・週刊誌記者)

 今では高身長の女性はいいイメージを持たれることが多い。米倉涼子もカミングアウトしても問題ないはずなのだが。