宮迫博之、木下隆行らと“おじさんYouTubeグループ”結成に冷ややかな声
拡大する(全1枚)

 お笑い芸人でユーチューバーの宮迫博之が3月15日、自身のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」を更新。“おじさんグループ”なるものの結成を発表した。

 宮迫は「前代未聞のおじさんグループを結成します【名前募集】」というタイトルで動画をアップ。冒頭から宮迫だけでなくお笑いコンビバッファロー吾郎バッファロー吾郎ATKOの木下隆行とともに登場した。

 宮迫は何も聞かされていない2人に対して「今日集まってもらったのはほかでもないんですけど、あの、チームっていうものを作ろうかなと思いまして」と発言。宮迫によるとYouTubeの世界には「Fischer’s」「東海オンエア」「ネクステ」などユーチューバー同士で組んでいるチームがいくつかあるが「おじさんチームがないので」作りたいと提案した。

 それに対して木下は「ないってことは需要がないってことなんじゃないですか」と意見。すると宮迫は、「そこなんですよ」と納得しつつ、これまで若者の間で流行っているものに対してチャレンジはしてきたが「まあね、バズらない」と反響がイマイチだったことを告白。その理由について、「なぜかというとこのチャンネルを見ている層がそんなに若い人がいない」と断言し、ターゲットを30~50代にしぼれば、おじさんグループもヒットすると考えたのだという。

 宮迫はさらに過去の炎上した出来事を画面に表示させながら「僕の人生、山あり、谷・谷・谷ありみたいな感じですけども、結局そこから這い上がっていくという姿がね」と語りつつ、おじさんが頑張る姿を見せて同世代に勇気を与えたいという考えを明かした。宮迫はほかにも次長課長河本準一も準レギュラーとして迎え入れたい意向を示したほか、数多くのおじさん芸人が参加できるグループにしたいと語りつつ、最終目標として「劇団を作る」ことを明かした。