“あの名前”がない!大ヒット映画「七つの会議」テレビ放送に違和感の声
拡大する(全1枚)

 2019年に公開された野村萬斎主演映画「七つの会議」が4月3日、TBS系で放送される。同映画は、人気作家・池井戸潤氏による小説が原作で、21.6億円の大ヒットを記録した。また、13年には東山紀之主演でNHKの土曜ドラマ枠で放送されている。

 物語は、中堅電機メーカーで起こった不祥事に巻き込まれていく社員たちを描いている。きっかけは社内で起きたパワーハラスメント騒動だったが、そこに隠されたある謎が社員たちの人生、そして会社の存在をも揺るがすことに。

 出演者は萬斎をはじめ、これまで池井戸作品を支えた香川照之片岡愛之助及川光博らに加え、鹿賀丈史橋爪功役所広司北大路欣也ら重厚かつ超豪華な俳優陣が脇を固める。

 今回、この映画を放送するTBSの公式ホームページでも「超王道エンターテインメントが地上波ゴールデン放送!!」と紹介されているのだが、その中に一つの違和感があった。

「主人公の八角民夫(萬斎)が働く東京建電の親会社で、日本を代表する総合電機メーカー・ゼノックスの副社長・田部を演じている木下ほうかの名前が、TBSのHPにはなく、ネット上で話題になりました。やはり、ハラスメント問題を考慮したのかと思います」(テレビ誌ライター)

 木下本人は、所属事務所からマネジメント契約を解消され、無期限活動休止を発表。4月スタートの「正直不動産」(NHK)は降板となった。「七つの会議」だけではなく、数々の人気作品に出演してきたバイプレーヤーだっただけに、今後も再放送などに影響がありそうだ。