NEWS増田貴久が上戸彩と劇的な再会を果たした意外な場所とは
拡大する(全1枚)

 上戸彩といえば、ドラマと映画で主役を演じる一流女優。松本潤とのドラマ「となりのチカラ」(テレビ朝日系)は低空飛行のまま3月いっぱいで終了したが、“上戸評”が急落することはなかった。

 夫役だった松本とは、堀越高校時代のトレイト(芸能)コースの先輩・後輩。松本が2学年上だ。堀越といえば芸能人が通うことで有名。上戸の世代は特に豪華で、同級生はジャニーズ系だけでもKis-My-Ft2北山宏光長谷川純山下智久、元KAT-TUN田中聖がいた。ほかにも城田優小池徹平蒼井優。1学年上に生田斗真尾上松也綾瀬はるか。1学年下に勝地涼あびる優紗栄子、杏がおり、校内はさながら撮影現場だ。

 さらに中学生時代も、ジャニーズタレントと縁があった。同じ東京都練馬区出身のNEWSの増田貴久だ。同じ中学校で上戸が1年先輩。増田が入学した時、上戸はすでに芸能界入りしていたため、校内で知られた存在だった。

「増田は、『上(の階)に芸能人がいるらしい、上戸彩っていう。見に行こうぜ』と、みんなでゾロゾロと見に行ったことがあるそうです。『あれじゃない?』みたいに、ミーハーのようにはしゃいだのだとか」(女性週刊誌記者)

 増田は小学6年生でジャニーズJr.になっていたため、この頃すでに芸能活動をしていた。しかし、近しい人以外に黙っていたため、増田がジャニーズであることを知る学友はごくわずか。当時、上戸はすでに有名人。毎日のようにクラスまで“見学”に来る学生がいたという。それでも増田のことは覚えており、「見た目もあんな感じで、何にも変わってない。髪形もさらさらヘアであのまんま。『上戸さん、上戸さん』って子犬感でいつも笑顔」と、のちに印象を語っている。