SixTONES京本大我とSnow Man佐久間大介の母は同グループのアイドルだった!〈2022冬~春アサジョBEST〉
拡大する(全1枚)

 20年1月、ジャニーズ史上初の2組同時デビューを果たしたSixTONESSnow Man。切磋琢磨しての活躍は誰もが認めるところだが、そんな2組にはそれぞれ、因縁のある人物がいる。京本大我佐久間大介だ。(1月15日配信記事より)

 Snow Manが昨年の「第72回 NHK紅白歌合戦」に初出場した。20年1月、SixTONESとの通称「スノスト」でジャニーズ事務所初の2組同時デビューを果たすと、いきなりミリオンヒット。同年大みそかの紅白初出場を、2組そろって決めた。ところが、メンバーの宮舘涼太が新型コロナウイルスに感染したため、ほかの8人が濃厚接触者となり、出場を見送り。翌21年に念願の“紅白の初ステージ”を成就させた。

 Snow ManのシングルCDのセールスは昨年の1stから今年1月の3rd「Grandeur」まで3作連続で100万枚を突破。デビューと同時にミリオンアーティストとなり、「オリコン上半期ランキング2021」の「アーティスト別セールス部門」トータルランキング、「作品別売上数部門」シングルランキングでも1位を獲得した。

 今年、Hey! Say! JUMPから岡本圭人が抜けて8人に減少したため、9人のSnow Manはジャニーズ最多グループとなった(デビュー組に限る)。多人数は没個性に陥るが、Snow Manはデビューイヤーからそれぞれが得意分野を生かしたため、ソロの仕事に恵まれ続けている。