広瀬アリス、体調不良で舞台を降板!“冷や汗事件”も緊張からではなかった?
拡大する(全1枚)

 女優・広瀬アリスが4月23日、今秋出演予定だった舞台「薔薇とサムライ2 ‐海賊女王の帰還‐」を体調不良で降板することを発表した。

 広瀬は現在、ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(フジテレビ系)と「探偵が早すぎる」(日本テレビ系)の2本で主演を務めており、昨年のCM起用社数ランキングでは12社と、妹のすずと並んで第3位。ほかにも4月29日には映画「劇場版ラジエーションハウス」、5月13日には声優として参加したアニメーション映画「バブル」、10月7日には映画「七人の秘書 THE MOVIE」が公開されるなど多忙な日々を過ごしている。

 同舞台の公式サイトでは、「劇団☆新感線 42周年興行・秋公演 SHINKANSEN☆RX『薔薇とサムライ2‐海賊女王の帰還‐』に出演を予定しておりました広瀬アリスさんが、体調不良のため降板することとなりました。楽しみにしておられた皆さまには、ご心配並びにご迷惑をおかけすることとなり大変申し訳ございません。なお、広瀬アリスさんに代わりまして、急遽、石田ニコルさんにご出演いただくこととなりました」と報告。広瀬も同月25日、ツイッターに長文の画像を投稿。「お騒がせしております。ここ数年とにかく前を見て駆け抜けてきたのですが どうやらちょこっとお休みが必要のようです」と休養を報告。「自分の体は丈夫だから合間に寝れば大丈夫!と過信していました。それでやってこれた部分もあったので。少しずつ自分の身体に違和感覚えて 今回の舞台、このような形になってしまいました」など自身の体調を明かし、謝罪した。