小籔千豊が怒りのクレーム!飲食店に“法的措置”予告した出来事とは
拡大する(全1枚)

 お笑い芸人・小籔千豊が4月25日放送のラジオ番組「小籔・笑い飯の土020」(MBS)に出演し、飲食業界に抱く不満をブチまけた。

 小籔は、“どうしても納得できない”飲食店の営業時間のルールについて言及。「『ラストオーダー1時半』って書いてる店に1時20分に行って、『もう終わりました』って言われた時、めちゃくちゃ腹立つねん!」と吠え、「この時間ならあそこの店行けるかも、食べられると思って、わざわざタクシーで行って、よっしゃ、着いた。(ラストオーダーの)10分前。勝手に入られへんからレジのところに立ってたら、(店員が)『すいません、今日はもう終わりました』って来て」と、実際の体験談を紹介した。

 小籔は「俺の時計が狂ってんのかなと思った。“営業中”って書いてて、10分前に行けたわと思ってたら。外の看板なに? ネットの(営業時間の)情報なに? って思う」「お蕎麦屋さんとかで、『お蕎麦がなくなり次第終了です』。それはええねん。最初に言うてくれてるから。あの10分だけは飲食業界、何とかしてほしい。法的な手段、取られへんのかなと思って」などと、あらかじめ決めていたラストオーダーの時間よりも早めに閉店させる飲食店に対する怒りを噴出。

 続けて、「あなたのところは1時半がラストオーダーって言うてるのに、しばしば(1時)20分に閉めてます。前は15分の時もありました。そこの15分の誤差はなんでしょうか。それならハナからラストオーダーは1時15分としておいて、まぁ20分でもいいでしょう、のほうがいいんじゃないでしょうか」と主張。一旦は冷静さを取り戻し、「しょうもないことでキレてるのはわかってるのよ」としつつ、「(1時)28分に行ってアカンはまだわかるねん。10分やん。結構あるで」とやはり不満は収まらず。