ATSUSHI、EXILEのドームツアーに“限定復活”!背景にあったものとは?
拡大する(全1枚)

 ダンス&ボーカルグループ・EXILEが4月26日、全国アリーナツアー「RED PHOENIX」の大阪城ホール公演を開催。7月からのドームツアーには20年11月にグループを卒業したEXILE ATSUSHIが“限定復活”することを発表した。

 2年4カ月ぶり、5都市16公演となるドームツアーの開催は、この日の公演のアンコールで発表。さらにサプライズとしてATSUSHI本人がステージ登場した。ATSUSHIはステージの四方に礼をすると「お久しぶりです!」と挨拶。「EXILEに戻っても大丈夫ですか?」とうかがいを立てつつ「ファンの皆さんに喜んでもらうことがEXILEの根幹。それで幸せを届けられたら、うれしいことはありません。“限定復活”させていただきます」と宣言した。

 ネット上では、《限定復活とはいえ、ATSUSHIさんがEXILEに戻ることは大変結構なことだと思われます。7月からのEXILEのドームツアーが盛り上がるのは間違いない》と歓迎する声もあったが、《今のEXILEのボーカルも上手いんだけど、最近は一般人でももっと上手く歌い上げる人が多いから、ATSUSHIのいた頃に比べたらなんとも言えない感じだった》《EXILEも今のコロナ禍での活動をいろいろ模索しているんだと思う》《ファンの方には申し訳ないけど、ATSUSHIさんもソロで大活躍って訳ではないみたいだし、EXILEも今や大人気ではないでしょ。外側から見るとお互いこうするしかないのかな、としか見えません》などの苦境を推測する声も多かった。