ジャニーズ総崩れ!木村拓哉、二宮和也主演ドラマも軒並み視聴率ダウン
拡大する(全1枚)

 国民的アイドルでも視聴率の壁は厚かった。4月スタートのジャニーズアイドル主演ドラマの視聴率が思うようにあがらないでいる。人気枠の日曜劇場でも御多分にもれず、大きく数字を落とす結果に関係者の悲鳴がこだましている。

 4月24日に放送された二宮和也の主演ドラマ「マイファミリー」(TBS系)の第3話の世帯平均視聴率が11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。初回世帯平均視聴率12.6%でスタート。第2話が12.8%と右肩上がりし、上り調子でいくかと期待されたが、第3話で一気に0.9ポイント落とすまさかの結果となった。

「第3話は誘拐された娘を取り戻すために犯人の要求をのみ、警察を排除することを決めた夫婦が実の両親をも欺いた結果、無事に娘を取り返して誘拐事件解決となるまでが描かれました。一件落着かと思いきや、383日後に二宮が後悔の絶叫をあげるラストで終了。謎が謎呼ぶ思わせぶりな結末にネットでは話題騒然となっていましたが、意外に数字は伸びませんでした。あまりに早い段階での解決で見る気が失せたのか、ツッコミどころ満載の警察のザルな捜査に呆れてしまったのか」(女性誌記者)

 木村拓哉の主演ドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第2話も初回世帯平均視聴率 11.8%から10.5%へ1.3ポイントも落としている。

「最愛の妻の死によって生きる希望を失っていた木村が高校ボクシング部のコーチを引き受けされたことにより、周囲に感化され人間再生していく様を描く熱血感動ストーリー。無気力人間の木村がボクシング部部員の熱いハートに触れて、激変していく姿が描かれます。その途中には様々な障害が待ち受け、一つ一つクリアしていくことで次々感動が生まれるというド根性路線。とはいえ目新しさがなく、ド定番のサクセスストーリーがこの先展開していくことが予想され、いうなればありきたりの学園もので、木村らしさもなければ、木村ならではの持ち味もありません。テレ朝ドル箱である木曜9時枠の固定ファンを満足させるには、ほど遠い内容といえそうですね。『ドクターX』シリーズのような爽快感ありの勧善懲悪ドラマでもなし、この先の巻き返しは難しいかも」(芸能ライター)