新垣結衣、「鎌倉殿の13人」でホッコリコメントを集めた“渾身のギャグ”とは?
拡大する(全1枚)

 俳優・小栗旬主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)の第18話が5月8日に放送され、新垣結衣演じる八重の”渾身のギャグ”にネットでは、ホッコリする声が寄せられている。

 今回の大河ドラマは、鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝(大泉洋)を支えた幕府の2代目執権・北条義時(小栗)を始めとする13人の家臣団による権力パワーゲームを描く。第18話では、源平合戦もいよいよクライマックス。必死に抵抗する平宗盛(小泉孝太郎)率いる平家軍に対して、頼朝は義経(菅田将暉)を四国、範頼(迫田孝也)を九州に送り挟み撃ち。ついに壇ノ浦の戦いの火蓋が切って落とされる。

 その一方、冒頭では許婚・源義高(市川染五郎)が討たれ、ふさぎこむこむ大姫(落井実結子)を励ます八重の姿に大きな注目が集まった。

「世話をする子供たちに混じって書道を教える八重。しかし半紙を前にしても大姫は何も書かない。そこで八重は『これが大姫の“大”。これに点を打つと“太”になります。文字とは面白いものですね』と言っても無表情の大姫。そこで八重が鼻の下に筆で墨を塗る“渾身のギャグ”を繰り出し、さらにそのチョビヒゲ姿のまま政子(小池栄子)や実衣(宮澤エマ)の前に現れ報告する新垣の姿に、ネット上には『八重さんの渾身のギャグと実衣ちゃんの戸惑い200%な目線が癒し』『苦しい回が続いているからこそ、八重さんの癒しがないとメンタル持たない』といったコメントが書き込まれています」(芸能ライター)