広瀬すず、横浜流星と“恋人同士”を演じるための独特な役作りとは
拡大する(全1枚)

 女優・広瀬すずが5月8日放送の「行列のできる相談所」(日本テレビ系)に出演し、最新作「流浪の月」で相手役を演じた横浜流星との役作りについて言及した。

 番組では、ドラマや映画における恋人役同士のキスシーンなどに関して、モデルの滝沢カレンが「どうやってそういう気持ちに持っていくんですか?」との疑問を口に。これに広瀬は「私、相手役の方が決まったら、その日から、その人のことを結構考えてます」と答えた。続けて、「今回、『流浪の月』っていう映画では、横浜流星さんと婚約者の役だったんです。だから2人で写真撮って、お互い(スマートフォンの)待ち受けにしたりとかしてました」「プライベート、お仕事関係なく、顔をやっぱ見るだけで、影響はたぶんある」などと語り、役作りの一環で、互いに画像を重宝していたという。

 これにMCのお笑いタレント・東野幸治が「じゃあ現場に来た時に、口には出さへんけど、『あ、彼が来た』って気持ちになってるんだ?」と尋ねると、広瀬は「なってます。『おはよう~!』ってなります」と、撮影中は横浜を見る目が変わるようだ。

 また、スマートフォンに設定した2人の待ち受け画像を元に戻すタイミングについても聞かれ、「役的に、流星君と心の距離ができたシーンの日に、パッとやめました。だって、(ストーリー上)顔を見るとだんだん『うーっ!』ってなってくるんですよ」と話し、怒りの表情を披露。劇中での展開とプライベートでの感情をシンクロさせているようだ。