入所もデビューも外されていた“悲運の現役ジャニーズ”って誰だ?
拡大する(全1枚)

 昨年がデビュー10周年記念だったKis-My-Ft2(以下、キスマイ)は、越年しても順調だ。1月からのアリーナツアーを成功させた直後にドームツアーがスタート。YouTubeチャンネルも開設して、11年目も順調すぎる滑り出しだ。

 今でこそ順風満帆だが、前身グループ「Kis-My-Ft」に「2」の二階堂高嗣が加入したことによって7人組となった10年から、CDデビューにいたる翌11年のわずか1年の間には、センシティブな現実を突き付けられていた。二階堂と横尾渉がクビを切られていたのだ。

 KAT-TUNのバックダサンサーとして絶大な人気を誇っていたジャニーズJr.内ユニットのKis-My-Ftは、10年9月にジュニアの登竜門とされたミュージカル「少年たち~格子無き牢獄」に出演した。北山宏光藤ヶ谷太輔玉森裕太千賀健永宮田俊哉がキャストに名を連ねたが、二階堂と横尾は外された。横尾は舞台期間中、別の仕事を与えられていた。

 横尾がマネージャーに「メンバーが出ている舞台を観に行きたいです」とお願いすると、「来ないでください」と断られた。そして、「今来られると困る。メンバーには会ってほしくない。だから、君にこの仕事をあげてるんだよ」と衝撃的事実を伝えられた。

「この苦い経験があるので、横尾は自分を『もともといなくてもいい人間』と位置づけしてしまった。キスマイとしてのCDデビューが決まってからも、6人のほうがうまく行くと思いこみ、親友の藤ヶ谷に『辞める』と告げていたそうです」(アイドル誌ライター)