橋本環奈、朝ドラヒロイン熱望も映画女優のイメージがネック?
拡大する(全1枚)

 女優・橋本環奈NHK朝ドラ出演の可能性について5月8日、ニュースサイト「日刊ゲンダイDIGITAL」が報じた。

 同記事によると、橋本は現在2月から始まった舞台「千と千尋の神隠し」の公演中だが、チケットは全公演が完売する盛況ぶり。舞台女優としても成長著しく、以前にも増してドラマや映画のオファーが殺到しているという。

 しかし、公演終盤を目前にして橋本はあまり元気がない様子だといい、芸能プロダクション関係者の証言として、その原因は公演直前に発表された23年前期のNHK連続テレビ小説のキャスティングだという。主演は神木隆之介が務めるが、その妻役に浜辺美波が決定。浜辺は橋本の“妹分”として知られており、橋本からすればもちろん祝福はしつつも「どうして自分には声がかからないの?」と不安に思っているのだとか。

 現在放送中の朝ドラ「ちむどんどん」では、もう1人の“妹分”である上白石萌歌も出演中。それもうれしい反面、ちょっとだけ悔しい‥‥という気持ちもあるはず、というのだ。

 NHKはドラマ制作の一環として若手女優の好感度を独自に調査していると言われており、橋本は常に上位。そのため、本来であれば「もはや朝ドラ出演待ったなし!」の状態だが、朝ドラのヒロインは複数の大手芸能プロダクションの持ち回りで決まっている現実があるといい、いくら人気があっても橋本のような独立系の事務所に所属する女優にお鉢が回ってくるケースは珍しいのだとか。