有吉弘行、上島竜兵さんの葬儀での爆笑エピソードに「素敵なお葬式」の声
拡大する(全1枚)

 お笑いタレントの有吉弘行が5月15日、レギュラーラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN)に出演。同月11日に亡くなったダチョウ倶楽部上島竜兵さんの葬儀に参列したことなどについて語った。

 有吉は番組冒頭から上島さんについての話題へ。上島さんの葬儀は前日の14日に行われたといい、有吉は“竜兵会”のメンバーとともに参列。通夜や葬儀だけでなく火葬場まで“家族扱い”で同席させてもらったという。

 有吉は「結構、お通夜の時も葬式の時もなんか、ちょこちょこちょこちょこ、みんな笑っちゃうようなことがあって、なんか上島さんの葬式らしいなとかね」と述懐。その中で上島さんの妻であるものまねタレント・広川ひかるのエピソードを披露した。

 有吉によると広川は喪主として最後の挨拶で上島さんが映画「男はつらいよ」の主人公・フーテンの寅こと車寅次郎が好きだったことを紹介。その流れで広川は「寅さん死んじゃって‥‥、間違えた、寅さんじゃなくて竜さんだった」とまさかの言い間違えをしてしまい、最後の最後でみんな爆笑してしまったという。有吉は「ひかるさんも最後まで笑ってて、良い葬式だなとか思ったけど」と言葉を詰まらせていた。

 有吉は葬儀の前に上島さんと対面させてもらったことも明かし、「2人きりにさせてもらった時もお礼の言葉しか出なかったね。ちょっとツッコんでやろうかなとか、茶化したりとか、バカだなとか言おうかなと思ったけど、やっぱりお礼しか出なかったね。本当にありがとうございますっていうことしか」と振り返った。