中居正広、「使用しているファンデーションの秘密」を明かし感謝の声があがるワケ
拡大する(全1枚)

 8月で50歳を迎える中居正広が明かした「ファンデーションの秘密」がジワジワと注目度を高めているようだ。

 そのきっかけとなったのが、5月21日放送の「中居正広 ON&ON AIR」(ニッポン放送)。この日の放送で中居は「僕、今お化粧するんですよ、テレビ出る時ね」と切り出し、「僕、ほっぺたが赤いって話しましたよね?」「いまだに赤いんですけど、これが何なのかがわからない」と自身の肌の悩みを告白。テレビ出演時に頬が赤いと“昭和の田舎者”のように見えるから困っていたそう。そのため現在ではメイクさんが探してきてくれた特別なファンデーションを塗ってからドーランを塗り、頬の赤みが気にならなくなっていたのだとか。

 ところが先日、BS放送で野球観戦をしていると、試合の合間に自身が頬の赤みを消すために使用しているファンデーションのCMが流れたという。その内容が「『私いくつに見えます?』みたいな(CM)。『実は(効果音が)チャンチャラ~ン』って『私70いくつなんです! その秘密は?』って」と、出演していた70代の女性が20歳若返って見えるというものだったのだというのだ。

「中居は『まぁ、ショックというか、笑っちゃうよね。オレ、これ使ってんだ、と思って』と飾らない言葉で率直な感想を述べていましたが、ネット上では『どのファンデのことを言ってるのかだいたいわかった。ありがとう。買ってみる』『20歳若返るとか嘘っぽいとか思ってたけど、中居くんが利用してるなら買って損はなさそう』『中居くんが利用者としてCM出演すれば、いくら中居くんのギャラが高くても商品が爆発的に売れてすぐにもとが取れる気がする。これは私も買ってみたい』といった声があがっています」(女性誌記者)

北川景子綾瀬はるかがCM出演しているようなファンデーションだったらよかったのに」とガックリしていた中居。この正直さが何歳になっても好感度が高い理由の1つだろう。