千原せいじ、ヒカルを激怒させた“中堅芸人”の名前を挙げ大反響
拡大する(全1枚)

 お笑いコンビ千原兄弟千原せいじが5月23日に自身のYouTubeチャンネル「せいじんトコ」を更新し、元雨上がり決死隊宮迫博之と対談する動画をアップ。その中で、ユーチューバー・ヒカルの“激怒事件”について語る場面があった。

 この日、せいじは、宮迫が経営する焼肉店「牛宮城」を訪れ、30年以上の付き合いがあるという戦友との思い出話で大盛り上がり。そこで、宮迫と共演することも多いヒカルの話題になると、せいじは、2月の“中堅芸人への激怒事件”について切り出した。

 ヒカルは2月4日にアップした動画の中で、食事をともにした“某中堅芸人”からユーチューバーを見下すような発言をされ、不愉快な気持ちになったと告白。次第に口調も荒くなり、その中堅芸人の特徴として「40歳くらい」「ダウンタウンを尊敬しているが、テレビで共演しているのを見たことがない」「中途半端に売れていて、中堅芸人の真ん中のちょっと下くらい」「世間からの好感度は高い」「レギュラーは数本程度で消える可能性もある」「M-1グランプリの審査員へ文句や愚痴を言っていた」などの要素を挙げていた。

 これが多くのメディアに報じられ、「その中堅芸人は誰?」などと各所で憶測が過熱。せいじによると、芸人界隈でも大きな盛り上がりを見せたようで、吉本興業の中では「ペナルティヒデだと思われている」と明かした。

 せいじには、“ヒデ犯人説”があまりしっくりこないようで、「俺はヒデがそんなこと言うかなと思うけど」と疑問視。しかし、「後輩芸人は『ヒデさんは言います』って言ってて。後輩の中ではヒデということになってる」という。