有田哲平が内村光良に感謝…「海砂利水魚」から「くりぃむしちゅー」への改名を回顧
拡大する(全1枚)

 お笑いコンビくりぃむしちゅー有田哲平が5月30日放送の「賞金奪い合いネタバトル ソウドリ~SOUDORI~シーズン9」(TBS系)に出演し、2001年のコンビ改名時を振り返った。

 この日、番組では、「特別企画・解体新笑」と銘打ち、有田と平成ノブシコブシ・徳井健太が「お笑い」をテーマに対談。有田は、幼馴染だった相方・上田晋也と1991年12月に「海砂利水魚」のコンビ名で結成し、翌年より放送を開始した「ボキャブラ天国」(フジテレビ系)では、同年代の爆笑問題ネプチューンらとともに活躍した。

 しかし、10年ほど活動する中で、徐々に人気が下降し始めた2000年、先輩コンビ・ウッチャンナンチャンがMCを務めるバラエティ番組「新・ウンナンの気分は上々。」(TBS系)にて、キャリアのターニングポイントを迎えることに。

 番組では、内村光良の提案により、当時ライバル関係にあった海砂利水魚とバカルディ(現さまぁ~ず)が、改名をかけたガチンコ対決を実施することになり、海砂利水魚が勝利。バカルディは現在のさまぁ~ずへと改名した。

 その1年後、リベンジのビーチバレー対決が行われると、今度は海砂利水魚が敗北。内村は、当初、海砂利水魚の改名候補となっていた「ザ・トライ」のネーミングを却下し、「有田、好きな食べ物は?」と質問。有田は「『クリームシチューです』って言ったら、『それいいじゃん!』って。それで上田置いてきぼりの名前になっちゃったわけよ」と改名に至る経緯を振り返り、当時は「へこみまくって。嫌だよ、クリームシチューって」と落胆していたという。