純烈にダチョウ倶楽部が加入で「有名人お断り」の“ダブスタ”疑惑浮上
拡大する(全1枚)

 お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の肥後克広と寺門ジモンが6月17日、ラジオ番組「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(ニッポン放送)に生出演。男性歌謡グループ・純烈のオーディションに合格したことを報告した。

 2人は、5月11日にメンバーの上島竜兵さんが亡くなって以降、メディアの生放送に初めて出演。トークの中で肥後は「実は純烈のオーディション、合格したんですよ」と報告。純烈のリーダー酒井一圭に会って、直接合格を言い渡されたという。しかし、酒井に「純烈の歌の歌詞全部覚えますから!」と伝えたところ、酒井からは「メインボーカルはいるからコーラスだよ」と言われたという。

 気になるダチョウ倶楽部の今後について肥後は、「そういう感じで元気にいろいろやっていくと思いますけど、ダチョウ倶楽部は現状維持なんで。上がることなく、下がることなくで」と純烈加入後も活動を継続させていくことを明言していた。

 ネット上では《お笑いよりのグループになるのかな?》《純烈も、ダチョウ倶楽部さんもメンバーが減り、これはウィン・ウィンではないかな。本気でやるのかはわからないが、化学反応に期待したい》《なんだかんだいっても、純烈は酒井さんがゼロから発想して創りあげたものだから、酒井さんがいけると判断したらみんなついていくでしょう》など賛同の声が多かった。

 一方で、《事実なら残念です。純烈は歌謡グループなのでは。お笑いグループなのですか? 合体なんてあり得ないです》《酒井さん、有名になったことがない人に入ってほしいと、ほかの人を断ってなかった?》《有名じゃない人が頑張る場が純烈なんでしょ? この方々はもう有名ですよね?》など疑問の声も続出した。