加藤浩次、忘れ物を届けてくれたタクシーへの「1800円」支払いにモヤモヤ
拡大する(全1枚)

 タクシーで忘れ物をした際の運転手とのやり取りを明かしたお笑いコンビ極楽とんぼ加藤浩次に対し、様々な声が寄せられている。

 加藤は、6月26日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBS)にて、「この間、タクシーに携帯電話を忘れたんだよ」と切り出した。スマートフォンの置き忘れに気付いたのは自宅で、「ヤバい!」とすぐに領収書に記載されていた電話番号にかけると、落とし物センターにつないでもらったという。

 加藤が乗車していたタクシーの車番を調べた結果、まだそのタクシーが自宅の近くにいることがわかり、「持っていきますね」と告げられたと説明。その後の展開について、加藤は「普通かどうかを教えて。普通かどうか聞きたいだけだから」と前置き、タクシー側から「メーターは落としていいですね?」と聞かれたとし、「一瞬、『えっ!?』て思ったけど、『大丈夫ですよ~』って言って、家の前まで来てくれて、『1800円です』って」と、忘れ物を届ける距離の分の料金を支払ったという。

 加藤によると、タクシーを降車してから、携帯電話を忘れたことに気付くまでは「ものの10分くらい」だったというが、当然、タクシーは加藤を降ろした後にその場を離れている。

 この1800円という支払いに対し、共演者のお笑い芸人・バイきんぐ小峠英二、モデル・池田裕子、=LOVE・大谷映美里らからは「えー? そんなことあるの?」「届けてくれるけど、有料かぁ」など、驚きのリアクションが。