田中みな実が彼氏の女遊び疑惑で「自宅を強制査察」の超コワイ現場
拡大する(全1枚)

 フリーアナウンサーの田中みな実が6月26日、レギュラーを務める「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)に出演。過去に恋人の女遊びを疑って取った行動を明かした。

 この日の放送はドラマ仕立ての人気コーナー「あざと連ドラ」鑑賞会を実施。劇中で遠距離恋愛中の彼氏が彼女にサプライズで会いに行く様子が描かれると、田中は「不貞を心配してとか‥‥。ただサプライズで会いに来た感じじゃないよね」と男性側の心理を分析。

 MCの南海キャンディーズ山里亮太が、「(彼氏は彼女の)『なんでいるの!?』ってうれしさの表情が見られるかもと思って行って‥‥」と推測すると、田中は「いえいえ、こっちはやったことあるから、それ。だからわかるんですよ。疑って、家に行ったことあるんで、それはわかります」と過去の恋愛エピソードを告白。田中はさらに「それで何にもなければ、向こうだって普通にいるわけじゃないですか。でもそれで、『何で来たの!?』って慌て出したら、これは何かあるなと思ってこっちが先に家に入ります」と明かし、山里から「マルサじゃん!!」とツッコまれていた。

 ネット上では田中の行動について《めんどくさー》《こわいよ》《不貞疑惑が白でも黒でも、そんなことしてたらフラれそう》《不貞疑ってばっかりでお付き合いを楽しめなさそう》などドン引きの声が殺到した。

「田中の恋愛話は、『(フラれて)2年引きずった』『自分の家にも通っていた彼と別れることになった時はその家に住み続けられない』など重めの話が多いのが特徴。今回も同様だったようです」(芸能記者)

 田中が変わらない限り、この先も同様のエピソードが積み重ねられていきそうだ。

(柏原廉)