大野智と密な事務所はジャニーズよりもお笑い系大手芸能プロだった!
拡大する(全1枚)

 今年5月、日本中を悲しみに包んだ芸能ニュースといえば、ダチョウ倶楽部上島竜兵さん(61歳没)の急逝だろう。上島さんは5月11日、東京・中野区のマンションで亡くなっているところを妻に発見された。

 そんななか、ジャニーズファンが気をもんだのは大野智だ。2人は10年に日本テレビ系連続ドラマ「怪物くん」で共演。大野は主人公の怪物くん、上島さんは怪物くんのお供をするオオカミ男を演じ、以来、私生活でもお供した。およそ20歳の年の差だが、上島さんは大野とプライベートをともにして変わったと、週刊誌記者は言う。

「まずは、飲む場所。“竜兵会”は聖地が東京・中野だったんですが、セレブの街・港区にアップグレードしました。おしゃれに無頓着だったのに、大野が作ってくれたネックレスをするようにもなったそう。さらにメールもはじめ、後輩の土田晃之有吉弘行にメールアドレスを聞いてきた。2人は『上島さん、女がデキたんじゃないか』と勘繰ったそうです」

 上島さんは、老舗の大手芸能事務所「太田プロダクション」に所属していた。大野は太田プロとなぜか縁が深い。16年に主演ドラマ「世界一難しい恋」(日テレ系)が放送。番組が終了しても、私生活で会う共演者が多く、グループLINEや飲み会での親交が続いていた。そのうちの1人が、コンビ芸人のマシンガンズの西堀亮。太田プロ所属で、竜兵会のメンバー。大野との初対面は、上島さんを囲む飲みの場だった。