中島知子が激白した元相方・松嶋尚美との「本当の仲」
拡大する(全1枚)

 やはり不仲説は本当だったのか。お笑いコンビ・オセロのツッコミとして活躍していたタレント・中島知子が7月25日放送の「ぜにいたち」(ABEMA)に出演し、元相方・松嶋尚美との関係性について言及した。

 中島は1993年に松嶋とオセロを結成し、松竹芸能からデビュー。女性同士の漫才コンビという世界観がウケ、多くのバラエティ番組で活躍したが、中島は当初、女芸人になるつもりはなかったのだという。

 スカウトされた際、「女の子ばっかりの事務所」と聞いてやってきたが、蓋を開けてみると「超芸人さんの事務所」だったと回想。「そしたら、ある日、突然来たもん順でコンビ組まされて、『今日から芸人になってもらいます』」と告げられ、初対面で知り合いでもなかった松嶋とコンビを組むことに。

 オセロについては、松嶋が2007年に個人事務所を設立し、松竹からの退所を決めたあたりから不仲説が浮上。2013年には解散に至ると、中島は松嶋との関係性を「全然、仲もそんなに」と語り、「そりゃあ、足を踏み合うみたいなこともありましたよね」と意味深に振り返った。

 コンビとして大ブレイクし、ハードスケジュールをこなす中、仕事と仕事の合間の仮眠のベッドを奪い合ったことも。滞在していたホテルにはベッドが一つしかなく、中島は「どっちも寝たいわけですよ。でも、ベッドは一つしかないから、私、床です。交代はほとんどない。言われへん。言うてもええんやけど、“ベッド命!”って言われたら、しゃーないやろ」と泣く泣く松嶋にベッドの独占を許していたという。