石原さとみ、「ぷっくり唇」押しで成功も平子理沙、浜崎あゆみの唇は不自然?
拡大する(全1枚)

 石原さとみがファッション誌「bea’s up」にて、ぷっくり唇をキープする秘訣を披露。リップケア用品をデイリー使い用と美容成分が高いもので使い分けるなど、読者も参考にできるようなコツを紹介している。

 その石原はもともと、ぷっくりした唇が特徴だ。デビュー作となった2003年の映画「わたしのグランパ」ではまだ高2ながら、セクシーなぷっくり唇を確認することができる。そんなぷっくり唇について、美容系のライターが解説する。

「今でこそ“もてリップ”などと人気のぷっくり唇ですが、以前はタラコ唇として敬遠されていたものです。石原さんも昔の作品を見ると、唇を薄く見せるメイクを施していた時期がありますね。その後、2010年ごろからリップを強めに塗るメイクが流行りだし、涙袋や唇の盛り上がりを重視するようになりました。そして今では石原さんのような唇に人気が集まっているのです」

 まさに時代が石原に追いついたのだろうか。年齢とともに人気が高まっている感のある石原だが、自然体でいられることがその秘訣かもしれない。

 一方で最近の流行メイクに乗じてか、不自然なまでのぷっくり唇をチャームポイントにするタレントも増えてきているようだ。芸能ライターがそんな風潮を指摘する。

「唇で話題と言えばお直しが噂される平子理沙ですが、平子の唇はもともとぽってり系。なにか施しているとしたら、44歳という年齢による衰えを補うものでしょう。一方で浜崎あゆみの場合、元はシャープな顔つきが人気で、チークと同系色のリップで唇を目立たせないようにしていたほど。それが最近、顔面が“平子化”しており、唇がぽってりするなど“顔が変わり過ぎ!”と言われています」

 時代に合わせてメイクを変えるのはタレントとして当然のことかもしれないが、さすがに形そのものを変えてしまってはアウトではないだろうか。浜崎のぽってり唇が、あくまでメイクによる賜物であることを祈りたい。

(金田麻有)