伊東四朗「やすらぎの郷」の大女優全員と深い関係があった?

伊東四朗「やすらぎの郷」の大女優全員と深い関係があった?

 いよいよ最終回が近づいた昼ドラやすらぎの郷」(テレ朝系)について、9月2日の文化放送「伊東四朗吉田照美 親父・情熱(パッション)」で、パーソナリティーの伊東四朗が驚愕の事実を明らかにした。

「やすらぎの郷」に出演している八千草薫浅丘ルリ子加賀まりこ、有馬稲子、五月みどり、故・野際陽子、冨士眞奈美……ら女陣の全員と伊東は夫婦役をやったことがあるというのだ。

 確かに、加賀まりことは「妻たちの新幹線」(NHK/2014年)で国鉄総裁夫婦を演じていたことは記憶に新しい。調べてみると、浅丘ルリ子とは芸術祭優秀賞を受賞した「危険な年ごろ」(日本テレビ系/1984年)、冨士眞奈美とは「パパになりたかった犬」(同系/1984年)で主人公の隣家夫婦を演じていた。

 また、野際陽子とは「ダブル・キッチン」(1993年)を皮切りに、「理想の結婚」(1997年)、「トリプル・キッチン」(2006年)、「地獄の沙汰もヨメ次第」(2007年)とTBS系のホームドラマ・シリーズで夫婦役。最年長の八千草薫とは、女性実業家・広岡浅子の生涯を描いた舞台「土佐堀川」(東京宝塚劇場/90年)で共演、五月みどりとは教養バラエティ番組「伊東家の食卓」(日テレ系1997年~)で10年間も夫婦を続けていた。さすが芸歴約60年。本人も「こんな人はいないんじゃないか」と自慢げだった。

 ちなみに、夫婦役が一番多かった相手は泉ピン子。伝説のテレビ小説「おしん」(1983年~)でピン子に馬乗りになって殴るシーンでは、ピン子がセリフをなかなか言わないので「随分、間をためるんだな」と思っていたら、「あまりも痛かったので、セリフが飛んだ」のだとか。

 そんな“名夫”俳優の伊東にも、「夫婦役のオファーを断った人が1人だけいた」という。それは何と映画評論家の小森和子だったそう。小森のおばちゃまは28歳も年上。当時、30代だった伊東も「さすがに無理だと思った」というが、もし受けていたらおばちゃまは、どんな評論をしただろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 伊東四朗 ドラマ
  2. 伊東四朗 小松政夫
伊東四朗のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る 2017年9月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「伊東四朗 + ドラマ」のおすすめ記事

「伊東四朗 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「伊東四朗 + 小松政夫」のおすすめ記事

「伊東四朗 + 小松政夫」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柳葉敏郎」のニュース

次に読みたい関連記事「柳葉敏郎」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら