「内山信二にはならないで!」寺田心君に見習ってほしい元子役スターは?

「内山信二にはならないで!」寺田心君に見習ってほしい元子役スターは?

 子役時代から芸能界で活躍する内山信二が、絶頂期からの転落人生について、バラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)で語り、話題となった。

 内山は6歳で芸能界入りし、さんまがMCを務めていた番組「あっぱれさんま大先生」(フジテレビ系)でブレイク。10歳頃には10社のCMに出演する超売れっ子に変貌し、当時の最高月収は3000万円。しかも給料の支給は現金手渡しだったため、金銭感覚が完全崩壊していたという。

 小学生にして女子たちを引き連れて、駄菓子屋でお菓子を買い占めるなどして豪遊。さらにはマネージャーを焼肉で釣って、宿題をやらせるなど、大人をアゴで使う正真正銘のクソガキだったようだ。

 だが、成長していくに連れ仕事は激減。16歳ですでに完全にブームは去り、仕事もほとんどなくなってしまう。中学では「性格の悪いただのデブ」になってしまった内山は、当然お金とともに友達も周囲からいなくなり、高校も中退。そして、引きこもりを経て、夜中にコンビニにたむろしたり、非行に走るなどして青春時代を完全に無駄に費やしてしまったようだ。

 そんな内山のハチャメチャ告白を聞き、「現在ブレイク中の子役はどうだろう?」と多くの視聴者が思ったようだ。

 ネットの書き込みなどでは、現在の月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(フジテレビ系)にも出演するなど、ブレイク中の子役タレント・寺田心の名前が多く見られた。「間違っても同じ末路を歩んでほしくない」「内山のようなワルガキとは到底思えない」「いつか挫折感を味わう日が来るのが子役の宿命」など、意見はさまざまだが、内山の子役時代と違い、現在は子役の入れ替わりのサイクルも非常に早いため、その寿命は短くなったのが実情。例にあげて申し訳ないが、仮に寺田クンが“第二の内山”にならないためにはどうしたらいいのか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

寺田心のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る 2015年11月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「草刈正雄」のニュース

次に読みたい関連記事「草刈正雄」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「浅利陽介」のニュース

次に読みたい関連記事「浅利陽介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木福」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木福」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。