羽生結弦の演目が「SEIMEI」でよかった理由とは

羽生結弦の演目が「SEIMEI」でよかった理由とは
拡大する(全1枚)

 平昌五輪に間に合うかどうか、注目が集まるフィギュアスケートの羽生結弦選手。今シーズンは五輪に向けて、FSの演目に世界最高得点を叩き出した「SEIMEI」を選択したが、改めて「SEIMEIを選択してよかった」という意見がある。

「平昌五輪では、羽生選手は過去の『SEIMEI』をパワーアップさせて、細部の仕上げはもちろん4回転の種類と回数を増やし、さらなる高みを目指すと宣言していました。しかし、指導するオーサーコーチは、4回転ジャンプの種類や回数を増やすことよりも、より確実な内容構成で質を高めることを勧めていました。ソチ五輪の時もそうでしたが、羽生選手は挑戦しないとやっている意味がないという主義ですから、今回も羽生選手の意思を尊重した展開だったのです。

 しかし、出場が危ぶまれるほどのケガを負っていたので、内容構成をより確実なものにしていかざるを得ません。また、羽生選手の『SEIMEI』を超える得点を出した選手がまだいないので、極論すれば以前と全く同じ演技ができれば、最高得点に匹敵するくらいの得点が獲れるわけです。さらに、ジャンプが飛べない間の練習で、足に負担がかからない要素を徹底的に仕上げているはずですから、得点が伸びる余地はあります。つまり、再び歴代最高得点を超えることも夢ではないのです」(スポーツライター)

 日本のみならず、世界中のスケートファンが見守る羽生選手の五輪連覇。ぜひとも成し遂げてほしいものだ。

(芝公子)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク