反町、続投なの?「相棒season16」最終回に浮上した疑念

反町、続投なの?「相棒season16」最終回に浮上した疑念

 水谷豊主演の大人気ドラマ「相棒 season16」(テレビ朝日系)が3月14日に放送され、平均視聴率は16.6%と高視聴率で最終回を飾った。

 ところが、視聴者の間では「反町隆史、続投なの?」という疑問がわいたようだ。なぜなら、初代相棒の亀山薫を演じた寺脇康文を除いては、2代目神戸尊役の及川光博、3代目甲斐享役の成宮寛貴とseason3回で降板しているからだ。

 初代・亀山は、上層部に煙たがられている杉下右京(水谷)を追い出すべく、問題児として投入された。2代目・神戸は、杉下を監視するスパイとして送り込まれた。杉下の要望で所轄から引き抜かれた3代目の甲斐は、法の裁きをかいくぐる犯人に罰を下していたため逮捕されている。

 そして4代目相棒の冠城亘を演じた反町隆史は、法務省からキャリア官僚として“特命係”へ出向。その後、杉下の人間性に惹かれ、警察学校に入り直し刑事として特命係を希望して配属となったのだ。

「2代目相棒からは、season3回目を迎えるごとに“次の相棒”が話題になりました。そしてこれまでは、最終回で“相棒解消”の決着もついていました。ところが今seasonのラストでは、事件の犯人は警視庁サイバーセキュリティー対策本部・特別捜査官の青木年男浅利陽介)が犯人だったにもかかわらず、逮捕もされず、特命係に配属されて終わった。これまでにない謎のストーリーに、『嘘だろ!』『マジか?』と戸惑う視聴者もいました」(テレビ誌ライター)

 歴代相棒の名前は「か」で始まり「る」で終わるのがこれまでの定石。次のseasonで冠城と青木がどのようなポジションになるのか、視聴者の興味は尽きないようだ。

当時の記事を読む

水谷豊のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「水谷豊」に関する記事

「水谷豊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「水谷豊」の記事

次に読みたい「水谷豊」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月16日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 水谷豊 ドラマ
  2. 水谷豊 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。