薬師丸ひろ子、再ブレイクの陰に“あの人気脚本家”との深い因縁

薬師丸ひろ子、再ブレイクの陰に“あの人気脚本家”との深い因縁

 5月9日、20年ぶりにオリジナルアルバム「エトワール」をリリースした歌手で女優の薬師丸ひろ子。2018年の今年は女優デビュー40周年のメモリアルイヤーとあって、8月22日にはコンサートツアーを映像化した「Live at オーチャードホール 2018(仮)」も発売される。

「薬師丸は、透き通るクリスタルボイスも健在。キーもデビュー以来変わっておらず、今回のオリジナルアルバムでは、薬師丸自身が2曲作詞を手掛けるなど、53歳になった今も輝きを失っていません」(音楽ライター)

 1978年、高倉健と共演する映画「野生の証明」で衝撃のデビューを飾った薬師丸は、「セーラー服と機関銃」「探偵物語」「Wの悲劇」といった作品をヒットさせ、角川映画の看板女優として活躍。独立後は歌手活動にも力を入れ、その縁で91年に玉置浩二と結婚するも98年に離婚

 当時は年齢的にも30代半ばに差し掛かり、女優としての方向性にも悩んでいたという。そんな彼女を救ったのが、あの脚本家・宮藤官九郎との出会い。

「2002年、クドカンが脚本を手掛けた連ドラ『木更津キャッツアイ』(TBS系)では、教師でありながらも学校にたぬきの置物の爆弾を仕掛けたり、下駄箱にカエルを入れようとするなど、それまでの薬師丸ひろ子のイメージを覆す奇抜な役柄でイメージチェンジに成功。その後もクドカン脚本の連ドラ『タイガー&ドラゴン』『うぬぼれ刑事』(共にTBS系)、そしてNHK朝ドラあまちゃん』が大ブレイクするなど、薬師丸ひろ子が今も女優として輝いていられるのは、クドカンのおかげといっても過言ではありません」(スポーツ紙デスク)

 しかも薬師丸は、プライベートでもクドカンとは縁が深いと言う。

「実は2人は、ドラマ『コウノトリなぜ紅い』(NHK-HV)で、2001年に俳優として共演。実はこの撮影を担当していたのが、その後薬師丸のパートナーとなるNHKカメラマンなんです。『女性セブン』によると、再婚こそまだですが、生涯を共にする間柄であることが報じられています」(前出・スポーツ紙デスク)

 公私に渡る深い縁でつながる薬師丸と宮藤。今度はいつ2人がタッグを組むのか。新しい作品を早く観てみたいものだ。

(窪田史朗)

あわせて読みたい

気になるキーワード

薬師丸ひろ子のプロフィールを見る
アサジョの記事をもっと見る 2018年5月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「上白石萌音」のニュース

次に読みたい関連記事「上白石萌音」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柳葉敏郎」のニュース

次に読みたい関連記事「柳葉敏郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「原田知世」のニュース

次に読みたい関連記事「原田知世」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。