SMAPに関わったアーテイストが次々と…「ぼくりり」引退で浮上した疑惑

SMAPに関わったアーテイストが次々と…「ぼくりり」引退で浮上した疑惑

“平成の歌姫”安室奈美恵をはじめ、今年は多くの有名芸能人が芸能界を去った。ももいろクローバーZ有安杏果や小室哲哉など。ジャニーズタレントではTOKIO山口達也関ジャニ∞・渋谷すばる、タッキー&翼・滝沢秀明が引退した(※渋谷と滝沢は大みそかに引退)。

 そんな中、9月上旬に音楽ファンに衝撃が走ったのは男性シンガーソングライター「ぼくのりりっくのぼうよみ」の活動終了宣言だ。19年初頭をもって、アーティスト活動を終えるという。このニュースに驚いたのは元SMAPファンではないだろうか。その理由を、スポーツ紙の芸能記者がこう解説する。

香取慎吾草なぎ剛のデュオ・SingTuyo(しんつよ)が、今年4月30日にデジタル配信した『KISS is my life.』の作詞・作曲が、“ぼくりり”だったからです。彼を起用したのは、かねてからファンを公言していた香取。『KISS is my life.』のミュージックビデオにも、エキストラで出演しています。それがまさか引退するなんて‥‥」

 香取、草なぎ、稲垣吾郎は「KISS is my life.」のほかに、「雨あがりのステップ」「72」の計3曲をジャニーズ事務所退所後に配信している。いずれもCD化はされていない。つまり3人にとって最後の原盤は、SMAPのラストソング「Otherside/愛が止まるまでは」(15年9月9日)となる。そして、この「愛が止まるまでは」の制作者にも、ある問題が起きていた。

「作詞・作曲が川谷絵音なんです。川谷といえば周知のとおり、16年1月にベッキーとの不貞が報じられ、史上まれに見る芸能スキャンダルとなりました。CD発売から、わずか4カ月後のことです」(前出・スポーツ紙記者)

「愛が止まるまでは」がリリースされた直後に川谷はスキャンダルが発生。そして、「KISS is my life.」が配信された18年に、ぼくりりが歌手活動を辞める決意を下した。SMAPの前と後。制作したアーティストが芳しくない状況に陥るのは、単なる偶然なのだろうか。

(北村ともこ)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安室奈美恵 live
  2. 安室奈美恵 元彼
  3. 安室奈美恵 引退
アサジョの記事をもっと見る 2018年10月24日の芸能総合記事
「SMAPに関わったアーテイストが次々と…「ぼくりり」引退で浮上した疑惑」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    偶然です。勘繰りすぎです。

    52
  • 匿名さん 通報

    単なる偶然なのだろうか。⇦偶然です。

    37
  • 匿名さん 通報

    次々というほどの話ではないだろう。

    28
  • 匿名さん 通報

    この記事を書いた人、ぼくりりの活動終了宣言さえ読んでないよね。こんなの載せるアサジョって…

    27
  • 匿名さん 通報

    このライターの頭の中では、ジャニーズ事務所の圧力によって川谷絵音がベッキーに不貞をはたらいたことになってるのだろうか?

    25
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「安室奈美恵 + 引退」のおすすめ記事

「安室奈美恵 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「安室奈美恵 + 恋愛」のおすすめ記事

「安室奈美恵 + 恋愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「きゃりーぱみゅぱみゅ」のニュース

次に読みたい関連記事「きゃりーぱみゅぱみゅ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。