「何なんだ、これは!」小西真奈美のラップ披露に視聴者が固まったワケ

「何なんだ、これは!」小西真奈美のラップ披露に視聴者が固まったワケ

 女優小西真奈美が10月24日発売のアルバム「Here We Go」でメジャーデビューを果たし、同31日に「スッキリ」(日本テレビ系)にてテレビでは初となる生歌を披露した。その意外すぎる歌声に、世の女性たちがザワザワしているという。

 小西は2016年の音楽劇「最高はひとつじゃない2016 SAKURA」でアーティストのKREVAに出会ったことをきっかけに、音楽活動をスタート。多少ギターをかじったことがある程度の音楽経験ながら、鼻歌をベースに作った歌をKREVAがトラックに仕上げるという手法で作曲にも挑戦し、初アルバムでは全12曲を作詞・作曲している。メジャーデビューに際しては「音楽なんてやってたの?」との批判もあったが、今回の生歌披露でそれらの雑音を封じ込める形となった。音楽ライターが指摘する。

「実際に彼女の歌を聴けば分かりますが、彼女は声質が良く、ラップには不可欠なリズム感も備えており、女優の余技にはとどまらないレベルの完成度には驚くほかありません。番組で披露した楽曲の『Here We Go』はバックトラックがミニマムな構成で、これがカラオケ曲なら普通の人は小節の頭をつかめず歌いだしにも苦労するはず。そしてサビの部分は小節をまたいで3拍子+5拍子にも聞こえるような変則的な符割りながら、小西は完ぺきなリズム感でプロレベルの歌唱力を示しました。女優の歌手進出でこれほど高いレベルの歌が聞ける例は、めったにないことでしょう」

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。