明石家さんまら大物たちを“接客”していた玉木宏のアルバイトとは?

明石家さんまら大物たちを“接客”していた玉木宏のアルバイトとは?

 女性ファンを「ロス」に導くものといえば、イケメン俳優の結婚だ。日本中が悲鳴を上げたのは、15年9月の福山雅治と女優・吹石一恵の結婚だろう。その後も独身イケメンの入籍ラッシュは続き、昨年末にはV6・岡田准一と女優・宮崎あおい、今年は三浦翔平と女優・桐谷美玲、勝地涼と元AKB48・前田敦子などが続いた。そして6月には、玉木宏と女優・木南晴夏がゴールインした。

 これまでプライベートがあまり表面化しなかった玉木だけに、女性ファンの嘆きの声が響きわたった。そんな玉木には、明石家さんまと妙な縁があった。

「彼の芸能界デビューは16歳ですが、その頃はバイトなしでは生活できない状態でした。そこで知人から紹介してもらったのが、目黒にあるゴルフ練習場『スイング碑文谷』のレストラン。ウェイターとして採用されたそうです。当時の従業員用の連絡ノートには、『小さな役ながら今度テレビに出るので見てください』と書き込んでいます。そのときの常連がさんま。玉木が接客したそうです」(スポーツ紙記者)

 高級住宅街にある同施設は、芸能人の目撃情報が後を絶たない。反町隆史と女優・松嶋菜々子は交際時から、たびたび姿を見せていた。玉木はその2人も接客している。その松嶋とは、15年1月に放映された2夜連続特別ドラマ「オリエント急行殺人事件」(フジテレビ系)で共演しているから、不思議な縁は続く。

「タモリや木村拓哉、黒木瞳やヒロミ、藤井フミヤ、とんねるずも常連。早朝から遅い時間まで営業しているうえ、プライベートを守れる個室が豊富。大型駐車場を備えており、利便性にすぐれているため、お値段高めでも大繁盛です。玉木が売れたことで、少し有名になったとか」(前出・スポーツ紙記者)

 ちなみに目黒は芸能人のお忍びスポット。極楽とんぼ・加藤浩次は売れる前、中目黒のバー「VIV」でバイトしており、階上のおんぼろアパートに住んでいた。共同玄関で風呂なし。共同便所で家賃は3万2000円。バーの常連だったのはおぎやはぎ・矢作兼で、次第に仲良くなり、今では大親友。おぎやはぎに「コンビで眼鏡」という、当時にしては斬新なアイデアをしたのはほかでもない、加藤である。

 たったひとつのバイトで、人生が変わることがあるようだ。

(北村ともこ)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサジョの記事をもっと見る 2018年11月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ふかわりょう」のニュース

次に読みたい関連記事「ふかわりょう」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。