「ハネてない」M-1に漂う“重い空気”にキンコン梶原が提言

「ハネてない」M-1に漂う“重い空気”にキンコン梶原が提言

 お笑いコンビキングコング梶原雄太が12月9日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、「M-1グランプリ 2018」(テレビ朝日系)に蔓延する“空気の重さ”について言及している。

「面白いのに。。なんかハネてない」。これが、かつて芸歴2年でM-1決勝の舞台に立った早熟芸人の率直な感想だ。漫才界のスペシャリストであるオール巨人上沼恵美子、そして松本人志といった重鎮がドスンと構え、観客席にも異様なまでの緊張感が漂う年末恒例のビッグイベントであるM-1グランプリだが、梶原はそんな大舞台の“重い空気”の元凶が制作サイドによる演出の仕方にあると指摘。18時34分から3時間半にわたる生中継が組まれた今大会だが、梶原は「(番組開始から)ネタが始まるまでに1時間くらいあんねん」と過剰な引き延ばしによって芸人の待ち時間が長くなってしまうのも原因の一つであると考察した。

「芸人側の苦悩は分かりますが、M-1グランプリといえば、今や高視聴率を見込めるヒットコンテンツであり、なるべく長尺にすることでCM挿入の機会を増やしたくなるのも分かりますし、19時から始まるゴールデンタイムの前から視聴者を確保しておきたいという狙いもあるでしょう。年末の格闘技のビッグイベントなどもプライム帯の19時よりも前の18時台から番組を開始させることが多く、いずれも長尺の放送時間にはよく見られる傾向です」(テレビ誌ライター)

 加えて、M-1の問題点を挙げるとすれば、やはりベテランの審査員が演者の目の前に鎮座しているということか。テレビ誌ライターが続ける。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサジョの記事をもっと見る 2018年12月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「おかずクラブ」のニュース

次に読みたい関連記事「おかずクラブ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「爆笑問題」のニュース

次に読みたい関連記事「爆笑問題」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「劇団ひとり」のニュース

次に読みたい関連記事「劇団ひとり」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。